家族でゆるゆるアウトドア!!

家族/こどもとのキャンプやトレッキングなどアウトドア活動の記録。 ゆるーくゆるーく無理せずマイペースでアウトドア活動を楽しみます! 不器用とうさんの奮闘記?

タグ:バーベキュー


やっと秋らしくなって、晴れの日も増えてきましたね。
秋というよりはもう直ぐ目の前は冬な感じですが。
さて、先日の連休は実家に行ってまたもバーベキュー。
でも、バーベキューだけじゃ子供たちもちょっと物足りない?
かと思って、体験を用意。
それで、近所の農家さんにお願いをして芋掘り体験をさせてもらいました。
我が家だけじゃなく、弟家族も一緒なので子供は総勢5人。
IMG_6761
 
今年は天候が不順で出来がイマイチだったようですが、
なかなかでかいのも収穫できました。
IMG_6786

一人一株掘っても物足りないようで、一人ふた株くらい掘っていました。
なのでもう大量、、、。
バーベキューの炭使って焼き芋を作り、それを使ってスイートポテトも作りました。
IMG_6794

バーベキュー自体は秋の味覚です。
秋刀魚!さんま!サンマ!ですね。
やっぱりいいです。
秋バーベキューは魚やキノコなどが合いますね。
IMG_6789

子供達はさほど魚が好きじゃ無いですが、ウィンナーとかで十分。
というか、焼き芋でもうお腹いっぱいです。
夕方にはもう気温が下がり外で過ごすのが厳しくなってきたので、
実家の中へ。
そこで娘は料理人の弟に習って、ティラミスづくりをしていました。
IMG_6793

なんてことのない、ただの連休の過ごしでした。
お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 


久々の卓上バーベキューグリル調べです。
ユニセラもとてもいいのですが、
こちらも実は購入候補に挙がっているものです。
ただ、我が家しばらくは金欠で欲しがるだけのものになりそうですけど、、、。

バイオライト キャンプストーブⅡ


こちらは意外と防災用品として販売されたりもしていますが、
山やキャンプ、バーベキューなどで使用するものです。
こちらのいいところは燃焼効率がとてもいいところ。
さらに発電もするという。
炭とかは使いません。


本体にペレットや枝を入れてその熱を利用してバーベキューをします。
本体だけだとバーベキューができないので注意が必要です。


焼き網も同時に買うか、下のようにセットでの購入をするかをする必要があります。


まあ、セットで買えば発電もできるし調理もできるし、お湯も沸かせる、
で確かに防災グッズですね。
ライトも付いているので、夜も安心して使えます。
ちょっと背丈があるので卓上で。
というには少し大きいのですが、発電できるというところに大きな魅力を感じます。

枝を入れるだけなのに燃焼効率が良くて発電もできる理由。
それは発生した熱を電気に変えてファンを回して、より燃焼効率をあげて、、、。
と、良いサイクルを生んでいるからです。
実際にデモを何度か見ましたが、もうすごい勢いで枝が燃えていきますね。
だからたくさん枝集めなきゃいけない。という課題もあるわけですが。
発電、といいましたが、その電気はちゃんと本体に蓄電されます。
なので、なにもバーベキュー中に充電する必要はありません。

サイズは高さが210mm以上とちょっとでかい。
重さも935グラムとなかなかの重さ。グリルも足せばもっとです。
なので、持って出かけて手軽に。というにはハードルが高いかもしれません。
焼き網の大きさは31cm×27cmとなかなかの広さ。
家族で使うことを前提とするならば、必要な広さかなと思います。
さらに受けがすり鉢状になっているので、肉や魚の脂も燃焼させることができます。
これは片付けがちょっと楽になりそうでいいポイント。

こちらの最大の欠点?は重くなってしまう、コンパクトにはできないという点があります。
ですが、自転車や車でのバーベキューなら問題ないですし、
家の前でちょこっと。なんてのにも活躍できます。
いつ来るかわからない災害に備えつつ、普段からも楽しめる機器ですね。

さてこのバイオライトというブランド。
自然エネルギーを使って「cook」「charge」「light」を実現するブランドです。
オシャレでエコなブランド。
ちょっと興味が湧いてきました。

ただの卓上、持ち運びベーキューグッズとしては、ちょっとお値段が張るかな?
というところが懸念材料です。
防災用品としての使用も視野に入れたり、キャンプの夜も楽しむために、
という幅広い使い方ができれば元は取れる?
でも、、、
我が家には過ぎたお宝かなあ、、、。

お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




 


ゴールデンウィークも折り返してしまいましたね。
奥様の実家に帰り(といっても近いのですが)
義弟家族とご両親と一緒にバーベキューでした。
どこにいっても混んでるだろうし、
どこかにバーベキューをしに行くって結構手間だったり。
なので、実家の車を移動して駐車場を
バーベキュー会場にしました。
P5031256

ぎゅっと詰まった感じですが、大人6人こども6人が十分楽しめました。
P5031260

スペースとしては車一台分より一回りくらい広い程度ですが、
なんとかなるもんですね。
こどもらは食べたらすぐに遊び出しますし。
ちびっこもいるのでシャボン玉で平和に。
とはいえ水風船も持って行ったのでびしょびしょにもなりましたけど、、、。
P5031273

お泊まりをして翌朝はそのままそとで朝ごはん!
P5041289

なんか下手なコテージとか行くより便利で快適だったな。
近いし、、、。
年に2回はこうやってやりましょう!といって帰ってまいりました。

お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


 


ロゴスの卓上グリルは本当に品数が豊富です。
今度は家族でもいける大き目のやつを3つ調べてみました。

まずはアースグリル
すっきりとした見た目で自然派な感じです。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゴス(LOGOS) アースグリル 81061500
価格:5378円(税込、送料無料) (2019/5/2時点)


錆びにくく耐久性のあるステンレス製の火床で、
底の吸気口の調整で火力調整ができます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゴス(LOGOS) アースグリル 81061500
価格:5378円(税込、送料無料) (2019/5/2時点)


焼き網の大きさは直径29.5センチ
組み立てた時の大きさは直径34センチ×高さ20.5センチ
収納時は直径34センチ×高さ13センチ
収納しても高さが少し低くなる程度ですね。
ステンレス製の火床の大きさより小さくはならないので、
しかたないかもしれません。
重さは1.5キロです。
前に紹介したグリルキューブとほぼ同じ重さで
たっぷりの量を焼けます。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゴス(LOGOS) アースグリル 81061500
価格:5378円(税込、送料無料) (2019/5/2時点)



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ロゴス(LOGOS) アースグリル 81061500
価格:5378円(税込、送料無料) (2019/5/2時点)


続いて
エコセラ・テーブルチューブラルS

特徴は薄い!ということでしょうか。
なのでテーブルの上で焼いていても、焼きやすい、取りやすいことが
長所だと思います。

さらなる特徴はセラミックプレートが敷かれていることで、
炭の使用量が半減すること。
この辺はユニフレームのユニセラと同じ感じですね。

焼き網の大きさは30センチ×29.5センチ
組み立て時の大きさは収納時と同じ大きさで
41.5センチ×33センチ×11センチ

11センチという薄さが魅力。
さらに火床が外せるので洗いが簡単。

重さが2.6キロとやや重いのが気になりますが、
薄さがそれを補っているのではないでしょうか。

最後に
ROSY 卓上ステングリル
もはや見た目は卓上でお手軽にって感じではない気もします。
が、お値段や組み立て方なんかはお手軽そう。
サイズも結構コンパクト。

何と言ってもお手軽な価格が魅力ではないでしょうか。
これまでの二つと比べると焼くスペースの小さい感は否めませんね。
特徴は初めから串焼き用のラックがついているところ。

焼き網は21センチ×13センチ
組み立てサイズは27センチ×17センチ×18センチ
収納サイズは23センチ×17センチ×10センチ
重さはダントツに軽い600グラムです。

収納したらこんな感じ。
足が折りたためるくらいしか小さくはなりません。

とまあ、ロゴスは合計で6つの卓上グリルがありました。
小さめサイズの3つはお一人様か、せいぜい二人用と行った感じですが、
今回紹介した3つは、がっついて食べる年頃の子がいなければ
ファミリーでも十分使えるのではないでしょうか。

では前回同様に3つを比べてみます。
お値段から
アースグリル
5,000円半ばしないくらい。
エコセラ・テーブルチューブラルS
6,000円しないくらい。
ROSY 卓上ステングリル
3,000円しないくらい。
ROSYがダントツで安いです。

組み立てサイズ
アースグリル
直径34×高さ20.5センチ。
エコセラ・テーブルチューブラルS
41.5×33×11センチ。
ROSY 卓上ステングリル
27×17×18センチ。
重さ
アースグリル
約1.5キロ。
エコセラ・テーブルチューブラルS
約2.6キロ。
ROSY 卓上ステングリル
約600グラム。
ROSYが超軽い。

主な素材
アースグリル
ステンレス、木材、スチール。
エコセラ・テーブルチューブラルS
スチール 焼き網スチールクロムメッキ。
ROSY 卓上ステングリル
ステンレス、スチール。


もしロゴス!で卓上グリルをお探しなら以前の記事も参考に
サイズやお値段、重さなどで検討してみてください。

以前の記事はこちら
ロゴスは卓上グリルがたくさん 一気に3ついってみましょう

お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


 

アウトドアは楽しいです!
キャンプやバーベキューの季節なので
これからはとてもいい時期です!
(まあ我が家は娘が怪我中なのであれですが、、、)

で、昨今の我が家はD.W.ニコルズにはまっているように
結構音楽にはまっています。

やっぱりキャンプなんかでも聴きたいよね!
てことで、最近流行り?の
ブルートゥース対応のスピーカーを探すことに。
先日行ったアップルストアで試したスピーカーは
素晴らしい!
アップルストアでしか扱ってないのでここでは
名前のみの紹介です。

Ultimate Ears UE WONDERBOOM Portable
Waterproof Bluetoothスピーカー

というやつです。
音はいいなあ、、、。
こんなに小さいのにすごい!というのが感想です。
まあそんなに音の良し悪しがわかるわけではないのですが、
一応我が家にはJBLの5.1chのホームシアター設備はあり、
そこでいろいろ聞いているので、
ざっくりといい感じかいまいちかの判断くらいはしています。

さて音以外の部分です。
IPX7という耐水性。
30分間水深1Mに入っても大丈夫ということらしいです。
さらに1.7Mからの耐落下性。
Bluetoothは30Mも繋がる!
重さが600グラムとちょっと重い。
形は円筒形で高さ9センチ外周10センチのちょっとずんぐりした感じ。
バッテリーは10時間もちます。
ストラップが付いているので吊り下げることができます。

これに決めようか!と思ったところですが、
ちょいとお高いので(12,000円以上)
一応別のも調べてみると、、、。

sonyにある!
しかもお値段がだいぶ安い。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

SONY[ソニー] SRS-XB10
価格:7970円(税込、送料別) (2018/4/30時点)



ですが、防水性は若干落ちます。
IPX5という定格です。
バッテリーは16時間ももちます。
高さは9センチでほぼ同じサイズ。
だけど重さは260グラムと軽い!
こちらもストラップ付き。
出力が5Wとちょっと迫力不足かな。
今日実際聞いてきましたが、
先ほどのアップルストアのと比べちゃうとどうしても。
という感じはありました。
が、携帯性という点ではかなり有利!

さらに調べるともう一つ!
JBLのFLIP4というもの。

サイズは高さが約18センチで
ちょうど500のペットボトルくらい。
出力は16Wで聞いた感じはアップルストアのと大差ないかな。
バッテリーは12時間。
Bluetoothの距離は10Mでアップルストアのより
見劣りはする。
防水性はIPX7でアップルストアのと同等。長所はSiriとグーグルアシスタントが使えるのと音声通話も可能なところ。

もちろんほかにもワイヤレスのスピーカーはありましたが、
あんまり知らないメーカーはちょっとBluetoothの接続具合と
音の関係で変な冒険はできないし。
さらにアウトドアでも使うということで考えると
防水性は欲しいところ。
(お風呂でも使えるのは、嫁が喜んでた)

さてさて、どれにしよう、、、。
またアップルストアに行く用事あるし、
もうちょい考えよう、、、。

お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




 




 

↑このページのトップヘ