家族でゆるゆるアウトドア!!

家族/こどもとのキャンプやトレッキングなどアウトドア活動の記録。 ゆるーくゆるーく無理せずマイペースでアウトドア活動を楽しみます! 不器用とうさんの奮闘記?

タグ:キャンプ道具


キャンプの始めたての頃はレンタルでも十分だし、
むしろその方がいいんじゃないか?
なんてことを前回記事にしてみました。

レンタルできるキャンプ道具って?
ここで主にどんな道具がレンタルできるか確認してみましょう。
お店によってレンタル可能なものは違いますが、
概ねこんな感じです。
  • テント(テントの下に敷くグランドシートやテント内に敷くインナーマットも)
  • タープ
  • テーブル
  • イス
  • 寝袋
  • ランタン
  • バーベキューグリル
  • コンロ(カセットコンロのキャンプ用みたいなやつ)
  • 焚き火台
  • クーラーボックス(意外と取り扱ってないお店もあったり)

全てレンタルではまかないない?
で、全てレンタルでキャンプに行けるか?
というと、結論としては難しいと思います。
さらに要注意なのが各お店で行っている初心者セットというもの。
これで十分!なんて書き方があったりしますが、
それはないです、お店によってはテントと寝袋、椅子とテーブル。
で、初心者セットとしてレンタルしていますが、
それだけじゃキャンプはできません。
追加で必要なものもレンタルしなければならないので、
初心者セットをレンタルすれば安心!とは思わないでください。

何が必要?
では、レンタルで賄えないものって何があるのでしょうか。
私が心当たりある一つのカテゴリー。
それはズバリ食器や調理器具。
調理器具といっても、コンロではないです、
包丁や鍋などのこと。
包丁や鍋はキャンプ場でレンタルしているところもありますが、
あまり多くはないように感じます。
特に食器をレンタルはなかなかないので要注意です。
紙皿や紙コップに割り箸とプラスプーン。
を買っていくのもいいですが、そこは自然を楽しむキャンプ。
ゴミを少なく。ということで、できるだけ家のものを持っていけると良いと思います。
ただし、家のものといっても陶器は割れちゃうのでそこは注意ですね。

数も十分じゃない?
先ほどセットでも十分ではないと書きましたが、
ファミリー(4人想定)で快適に楽しむにはある程度の数が必要と思うので、
以下に私が思う楽しく十分な道具セットを記してみます。
あくまでも個人の見解なのでご了承ください。
  • テント 1つ(当たり前か)
  • タープ 1つ(リビング的に使います。2ルームのテントならいりません。家族の団欒の場)
  • テーブル 2つ(調理用と食事用に2つあると便利です。1つでもいいんですけどね)
  • 椅子  4つ(当たり前ですね)
  • 寝袋  4つ(当たり前ですね、寒い時期は寝袋から子供が飛び出してもいいように家の毛布とかあるといいかも)
  • ランタン 2つ(サイト全体を照らす大きめなものと、手元などを照らす小さめなの、テント内でも使えるように小さめは電池式がいいです)
  • バーベキューグリル 1つ
  • 焚き火台 1つ(焚き火台とバーベキューグリルを兼ねたものもあるので、それならば上記と合わせて1つで)
  • ガスコンロ 1つ(キャンプ専用のが理想ですが、うまく風除けが作れれば家のカセットコンロでもいけます。ちょっとお湯を沸かすとかに便利)
  • 食器 必要数(割り箸、紙皿、紙コップなら、捨てずに燃やすのも可能。)
  • 調理器具  必要なものを必要数(包丁は結構忘れがち。カレーを作るならおたまも。鍋はお湯を渡して朝のコーヒー飲むのに必要ですよ。)
  • 雑巾 数枚(結構使いますよ)
  • ウェットティッシュ 多めに(なんだかんだ手を拭く機会多くなります。)
  • 水タンク 1つ(これもレンタルしてないもの。その都度水を汲みに行かなくて済むようになります)
  • スポンジ (食器洗いに必要です)
  • 洗剤 (自然に優しいものを使うようにしましょう)
あとは、普通に一泊の旅行に行くような衣類や洗面用具などでしょうか。
いまはキャンプ場といってもシャワー浴びれたり、
近くに温泉があったりするところも多いですし、
キャンプの帰りに温泉に入って。なんてこともありますので。
思いついたままに書いたリストなので、足りないものもあるかもしれません。 
キャンプに行って、「あれがない!」「困った!」
が無いように参考にしていただければと思います。

お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 
 

天気の悪い日が続きますが、秋はアウトドアシーズンの真っ只中。
これから家族キャンプを始めようと思ってる方もいらっしゃるかと。

これから始める家族キャンプの道具はレンタルで決まり?
キャンプを始めようと思ってる方は、どんなテントがいいかな?
どんなランタン、テーブル、イスにしようかな?
なんて考えるのが楽しいものです。
が、そのキャンプが初めてならば購入はちょっと待った方がいいかもしれません。
いまは多くのキャンプ場でレンタルができますし、
それ以外にもキャンプ道具をレンタルできる場所があります!


キャンプ道具はレンタル!そのメリット5つ。
  1. 行かなくなっても困らない。
  2. 保管場所がいらない。
  3. メンテナンスの手間がない。
  4. 色々な道具が試せる。
  5. 小さな車でもOK!

1.行かなくなっても困らない。
これが家族キャンプの一番のリスクかもしれません。
初めてのキャンプでハマるかハマらないか。
親はハマっても子供がダメ、、、。なんてリスクもあります。
なので初回から数回は大きなものは買わずにチェアやテーブルなど、
バーベキューでも使えるもの。
ランタンや寝袋など災害時にも使えるものなどを購入して様子を見るのがいいと思います。
テントやタープなどの大物は行かなくなったら、
マジで使う機会ないですから。
なのでそのような大物はレンタルで済ます!のが得策かと思います。

2.保管場所がいらない。
これは常に付きまとう問題なので、
初めてキャンプに限らないかもしれません。
キャンプ道具は使わない時はかさばるものです、
使うといってもせいぜい週末。
家でくすぶっている時間の方が圧倒的に長いです。
家のスペースが十分ならば問題ないですが、やっぱりなかなかそうも行かないのも現実かと。
その点レンタルならば使わない時は家にないので、
保管場所問題も解決です。

3.メンテナンスの手間がない。
テントやタープは汚れたものをそのままにしておくとカビの原因に。
テントやタープなんかは、そこまでこまめにしなくてもいいですが、
バーベキューのグリルなんかはその都度キレイにしておかないと
あとで使うときに困りますよね。
寝袋も使った後は干しておかないと匂いが気になることも。
その点レンタル品は使ったまま返してもいいというところもあります。
かといって、使用する時はちゃんとプロがきちんとメンテナンスをしているので、
快適に使用することができます。
プロがキチンとメンテナンスという点では下手なキャンプ場のレンタル品よりも断然いいです。
キャンプ場のレンタル品は寝袋がへたっていたり、
テントやタープもくたびれていて、撥水加工も無くなってたりということも度々なので。
この使った後の手間がない。というのは大きなメリットだと思います。

4.色々な道具が試せる。
どんな道具が自分たちにあってるんだろう。
新しいものが発売された。あっちのテントにも泊まってみたい。
というたびにその都度買い換えるのは至難の技(少なくとも我が家は無理、、、)。
場所によってはグランピングセットなんてものも用意してくれるお店も。
また、子供がまだ小さいときには小さめのテントで徐々に大きくなっていくことも、
人数が増えることもあるかもしれませんよね。
一度買うとなかなか買い換えるのは難しいのがキャンプ道具。
自分に合ったものを見つけるまではレンタル品。
いろんなものを試したいという人もレンタル品。
自由度が高くなるのもレンタル品のメリットです。

5.小さな車でもOK!
キャンプ道具はかさばるもの。
それを車に積んでいくのは結構大変。
軽自動車では難しいこともあるかもしれません。
家族の人数が増えると、余計にその傾向は強くなりますよね。
キャンプ場でレンタルできれば、車の心配は無用!
キャンプ場でレンタルしてなくても、キャンプ場にレンタル品を届けてくれるサービスがあるところも。
(ここはお店とキャンプ場双方に確認をする必要がありますが)
そうすれば小さな車でも心配なくキャンプに出かけることができます。

以上5つのメリットを挙げましたが、
レンタルサービスを活用することでキャンプの自由度、ハードルが格段に下がると思います。
ただ、実はレンタルサービスを利用するだけではキャンプに必要十分なものが揃いません。
その辺りことは次回の記事にしたいと思います。
以下いくつかのレンタルサービスを紹介しています。

こちらは楽天レンタルです。
楽天で展開している様々なお店のレンタル品を一度に探せます。


こちらは以前紹介したレンタルサービスのお店

こちらのお店は登山用品もレンタルしています。


お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

人気ブログランキング


 

先日キャンプにハマりそう!
という友人から質問を受けました。

キャンプで最初に買うものは?

正直わかりません、、、。
そこで色々と話を聞いて見ました。
どうやらしばらくはテントなどはレンタルするようです。
BBQのコンロもレンタルできますしね。
しかもまだ一回しか行っていないとか。

となると購入するべきものって特にない気がします。
テントやタープなんかは買っても家に置く場所も困るし、
雨の後なんかは家に帰ってからの手入れも大変だし、、。
レンタルできるキャンプ場を選べば特に無理して購入する必要は
ないかもしれません。
それでも、自分の!って欲しくなるんですけどね。


調理道具?うーん、、、。
キャンプ料理がメインBBQであれば、
調理の必要もそれほどないかも。
家のを持って行くことで大方代用はできますし。


ランプ?も借りることできますよね。
ただまあ、快適な夜を過ごすにはある程度の数があるほうがいいか?


その友人は寝袋!なんてことも言っていました。
うん。確かに他の人が寝た後の寝具が嫌な人はいるかも。
さらにハイシーズンとかなら前日まで誰かが使ってたかもしれないし。
でもそれもレンタルはもちろん可能。

てなことでその時はよくわからなーいと返事をしてしまいました。


でもなんとなく心に引っかかり自分なりに考えました。
そこで私なりの答え!
それはクーラーボックス!
いやもちろんキャンプ場で食材が調達できればいいですよ。
でも、飲み物なんかは購入できてもクーラーボックスが
ないとすぐにぬるくなっちゃうじゃないですか。

お肉系なんかも余ったら次の日に持ち越すには必要なもの。
キャンプ場で食材調達できるところはあっても、
メニューは自由に選べない。セット。って感じ。
やっぱりある程度好きな食材を揃えたいし、結構割高!
割高なお金をいいお肉に振り分けて食べたらいいじゃないですか!
あとは子連れだと子供の好みに結構左右されるから
やっぱりキャンプ場の近くでの調達や
自宅から持って行くのが無難かな。と。

て思うとクーラーボックスじゃないかしらって思いました。
家族4人くらいで1泊程度なら50リットル前後で十分。
5人家族の我が家でも大丈夫です。
そして素材もソフトなやつではなくハードなやつ。
こちらの方が保冷力は高いです。
ハードでもその素材で保冷力は異なりますが、
もちろんそれに比例してお値段も変わります。

さらにハードのメリットは簡易なテーブルや物置きに使える!
当たり前ですが、あくまでもいっときですけどね。

ハードを選ぶときの一つのポイントは2リットルペットボトルが
立てて入るのがいいと思います。
そうすると牛乳などのパックの1リットルも余裕で入る!
朝一番の牛乳も美味しいですよ!
ただし、パック飲料は開けたあとは開け口を
目玉クリップのようなものや洗濯バサミのようなものできちんと
留めましょう。帰りの車の揺れで中身が出ちゃうことがありますので。


ではおすすめは?と聞かれても使ったことがあるのは
キャプテンスタッグのよくわからないやつと
コールマンのエクストリームホイールクーラー。
P7030393

以前紹介した記事はこちら。
冷やし方のコツやクーラーボックスの素材による
保冷効果の違いも簡単に書いてあります。
家での活用もちょこっと。
クーラーボックス コールマン エクストリームホイールクーラー
クーラーボックス コールマン エクストリームホイールクーラー2


その2つしか使用していないのでおすすめも何もないですが、
やっぱりコールマンの方がよく冷えてます。
ホイールが付いていると動かすのも楽です。
50リットルクラスではホイール付きの方がいいと思いますね。
重くもなるので。
あまり小さいホイールだとちょっと使いにくかったりするので
そこらへんも見るべきポイントかも。

訳あり製品。お安い!

こちら我が家が以前使ってたやつ。
安いですが、蓋を閉めるところがちゃちくて
間も無くそこが壊れました。

こちらはわけなし製品。

こちらの製品もクーラーボックスではよく聞くブランド。

友人にもばっちりアドバイスしておきました!
それに従うかはわかりませんが、、、。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村

人気ブログランキング

 

我が家のメインクーラーボックス
コールマン
エクストリーム ホイールクーラー/50QT(アイスブルー)
の紹介です。
P7030393

容量は約47リットルです。
公式サイトには家族4人1泊2日にぴったり!
なんてありますが、
そこはそれぞれの家族構成によってや
何を作るか、どれだけお酒を飲むのかなどで変わってきますよね。
我が家はお酒は350の缶が6〜8本くらい
2リットルペットボトルの飲料2本くらい
牛乳や卵、冷凍のチキンナゲットやハッシュドポテト
肉や野菜などを入れていくことが多いです。
これにプラスして保冷剤や
前回も紹介した水を入れて凍らせたプラティパスをもっていきます。
で容量的には1泊は結構いけますね。
保冷能力は問題ないです!ちゃんと翌朝まで冷え冷えですよ。



タイヤは結構しっかりしていて、多少のガタガタは問題ないです。
持ち手はそれほど深くないのですが、よっぽど重たいものを入れて
長距離を歩くとかでなければ、男性であれば問題ないと思います。
以前のモデルは持ち手が輪っか状になっていて、しっかりと握ることができたそうで
そちらの方が力が入ってしっかりと持つことができるようです。
でも、今回のような形であっても
私(30代半ば、170センチ、65キロ、普段運動せず)でも
今まで困ったことはありませんです。
P7030394




これ、クーラーボックスを引くところを上げたままだと蓋は全開になりません。
つっかえます。
P7030395

P7030397


全部入れる?短くする必要があります。
P7030398


中はこんな感じです。中に溜まった水を捨てる穴があります。
洗うときにも便利です。
もちろん普段は閉じたままです。
2リットルペットボトルが立てたまま10本は入ります。(他に何も入れなければ)
P7030399



さてここからは、我が家の家での活用法です。
ハードクーラーボックスは使わないときは結構スペースとってしまうので
キャンプ以外でも活用できるといいですよね(そうでもないですか?)

多くの人も使っているかもしれませんが、
何人かの友人が家に飲みに来るときとかは重宝します。
冷蔵庫に入りきらない飲み物に活用です。
ちょっと水入れて氷や保冷剤を入れておけば、
バッチリ冷え冷えの状態ですぐにお酒などが楽しめます。

それ以外でも、今の季節は夕飯の残り物なんかをいっとき入れています。
思ったより残ってしまって、
でも冷蔵庫の中にも余裕がなくて、
ということが我が家はしょっちゅうあります。
そんなときに使います。
このサイズであれば片手鍋はそのまま入るので、
スープなども翌朝まで入れておけます。
P7040408

もちろん、そのままではなく保冷剤も入れます。
P7040409

我が家は保冷剤はなるべくいつも冷凍庫に入れています。
これでいつでも簡易冷蔵庫ができます!
実は冷凍庫はたくさん入れておいた方が電気代の節約になるらしいですよ。
冷蔵庫とは違うみたいです。 
いつも保冷剤が冷凍庫にあることでの節電。
ちょっと熱のあるものを冷蔵庫に入れないで、
保冷剤とクーラーボックスで冷やす節電。
使わないクーラーボックスの活用。
と勝手に一石三鳥と思ったりしています。 

送料無料でこれは安いと思います。
定価が16,200円なので。でも予約販売、、、。

こちらはあす楽対応。



お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ


 

キャンプに必要なもの。
クーラーボックスです。
我が家はコールマンの
エクストリームホイールクーラー/50QT(アイスブルー) 
をメインで使用しています。
P7030393



5人家族で1泊は余裕ですね。
これ蓋に飲み物をおく穴ありますが、使ったことほぼないです、、、。


クーラーボックスは保冷をするための素材が大きく四つあるようで

一つはアルミとポリエチレン(折りたためたりするクーラーバッグなどに使われます。)
一つは発泡スチロール
一つは発泡ウレタン(我が家のです)
一つは真空断熱パネル(最強らしい)

下に行くにつれて基本的には保冷力は高くなります。
ただ、真空断熱はお高いです。でもお高いなりの機能を持っているようです。

で、間?をとって我が家は発泡ウレタンにしました。
2泊してもうまくすれば最後まで中は冷えたままでいることができます。
我が家が2泊でも冷えたままにする工夫は以下の通りです。
出発前日の夜から保冷剤を入れておく。
この保冷剤は持っていかない。あくまでも事前にクーラーボックスを冷やしておくためのもの。
出発前に保冷剤を入れ替える。
4つの面全てに保冷剤を入れる。(なんだかんだ保冷剤で容量を使う?)
食材の上には保冷剤代わりに凍らせた水を持っていく。
開け閉めは少なく。(当たり前ですが)
ボックスは日陰におく。(我が家は余っている車のフロントガラスの内側におく銀色のやつを上にかけたりします)
地面に直接置かない。(ダンボールの上でも違う)

2日目の昼くらいにスーパーなどで氷を購入して入れる。
だけです。これで、2日目の夜も冷たいままのお酒が楽しめます。
3日目の朝もボックス内はバッチリ冷えているので朝一の牛乳!(家から持参)も美味しく飲めます。

事前にボックス内を冷やすのは結構ポイントだと思います。
あとは食事に使う水を凍らせて持っていくのも大切です。
保冷剤を入れればもちろん保冷効果は続くのでしょうが、そうすると食材が入らなくなるし、
効果の終わった保冷剤はただのお荷物、、、。
その点、水は使うものですし、入れ物を工夫すれば使い終わったあとはコンパクトになるし。
我が家はプラティパスというものに入れて凍らせています。


さらなる保冷長持ちテクニックはボックスの中にもう一つ保冷バッグを入れちゃう!です。
現地で食材を買い揃えるとき、もっていく食材などが少ないときはこの方法を使います。
P7030407
これ、中に入っているのはコールマンの
アルティメイトアイスクーラーです。ただし、一つ前のバージョンですが。
すっぽり収まってます。偶然でしたが、、、。
現地では買い物の後などに、必要に応じてソフトクーラーバッグと
クーラーボックスを使い分ければ開け閉めの頻度も減らすことができます。
ハードクーラーとソフトクーラーの使い分けは重宝します。



次回はボックスの細かな?部分と、家での活用法?を紹介したいと思います。


お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





↑このページのトップヘ