富士登山の縁の下の力持ち的な存在でしょうか。
ベースレイヤーも必要なものだと思います。
肌着って思ってもらってもいいのかな?
綿製品だと汗は吸うけど、なかなか乾かないものです。
そうすると汗冷えを起こしてしまったりします。
なので、汗をかいても少しでも早く乾いてもらう必要ありです。
我が家の用意しているものは子供たちは
モンベルのウィックロンのTシャツです。

速乾性と通気性を兼ね備えていて、更にUVカット機能もあります。
さらにさらに光に当たることで発揮する消臭機能も。
この点は大きいですよね。

大人はパタゴニアのキャプリーンと
アイスブレーカーのメリノウール素材のものを着ています。
どちらも吸湿速乾性があり、消臭、防臭機能もあります。
とにかく必要な機能は汗を素早く乾かしてくれること。これに尽きます。
消臭機能はあった方がもちろんいいですが、そこよりも何よりも速乾性です。
冷えは低体温症を招いてしまいますし、何より濡れてるのは不快。

同じようにタイツも用意した方がいいと思います。
登り始めた標高では暑くても、当然ですが標高が上がれば気温は下がります。
そのための調整としてタイツがあると重宝します。
そちらもメリノウールだったりの速乾性のある素材を選ぶことが必要です。

あ、メリノウールといってもクールタイプのもあったりしますし、
チクチク感がほとんどないものもあるので、
その辺は実際に手に取ったり評価を見たりして選ぶと良いと思います。

更に更にということは下着も重要ですよね。
各アウトドアブランドもいろいろ出しています。



もちろんそれなりのお値段がしますので、普段使わないのに、、、。
と思いますね。
子供たちはモンベルのウィックロンのパンツですが
ユニクロとかのエアリズムなども使ってます。
娘や妻はユニクロのエアリズムのブラトップを使用するつもりです。
が、やっぱりアウトドアブランドのものに比べると胸のあたりの汗はどうしても不快。
というのが、妻と娘の感想ではあります。

男の子、もちろん大人もですが綿のパンツは絶対にやめましょう。
本当に不快です。
アウトドアブランドでなくてもいいので、
少しでも速乾性のある素材・機能のあるものを履きましょう。
なんだかとりとめのない記事になってしまいましたが、
肌に直接触れる部分は、当然ですが重要です。
見えない見えにくい部分こそ気をつけて準備をする必要があります。

お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキング