家族でゆるゆるアウトドア!!

家族/こどもとのキャンプやトレッキングなどアウトドア活動の記録。 ゆるーくゆるーく無理せずマイペースでアウトドア活動を楽しみます! 不器用とうさんの奮闘記?

2016年12月

行く予定だった宝登山の山ごはん用の材料が残ってしまいました。
本来ならミネストローネを作る予定でした、、、。
で、残った具材でミネストローネ。
というのも芸がないので久しぶりにUNIFLAMEのちびパンで料理。
といってもオムレツです。


まずは材料を炒めます。山ごはん用にレンジでチンしているので軽く。
ちなみにジャガイモ、人参、玉ねぎ、ブロックベーコンが材料です。
IMG_3132

これまでの経験により卵は3個くらいがいい感じの量になるかと。
IMG_3133

下味にマジックソルト!これで結構味が変わります。
IMG_3134

炒めた材料を卵に混ぜて油を敷いたちびパンに投入!
IMG_3135

この段階でシュレッドチーズを満遍なくパラパラと。
混ぜてから焼くと結構焦げ付くということが分かったので学習しました。
IMG_3136

5分くらい蓋をして焼きました。
いい感じ?
IMG_3137

が、裏返すと焦げていた、、、。
IMG_3139

あ、味はなかなかでしたよ。弱火でいったほうがいいですね。
まだ火加減がうまくない。というかただ単に料理が下手なのかな、、、。

お読みいただきありがとうございました。
本年もありがとうございました。
来年もよろしくお願いいたします。
にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ




2016年のトレッキング納めとして
宝登山を予定していました。
が、息子が若干不調。
胃腸が多少気持ち悪いとのこと。
ご飯は食べているけど、昨夜はうまく寝られなかったとのこと。
なんとなく気持ちの問題な気もするけど、平熱より少し熱はある。

よし!残念ですが、潔く中止。
今の季節蝋梅がキレイだそうなので1月にでもリベンジか。

さて、このまま投稿終わってもあれなので
先日のスキーで購入したお土産の山バッヂを紹介します。
休暇村妙高のお土産コーナーで売っていました。
登ってないのに買うのはどうか?と思いましたが、
息子がこれがいい!と。他のデザインもありました。
IMG_3118

息子のリュックについていたバッヂが2つから3つに増えましたとさ。
IMG_2864

IMG_3119

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



ルンルンスキー場は休暇村妙高に併設されているスキー場です。
ということで宿泊はもちろん?休暇村妙高へ。
我が家的には3箇所目の休暇村です。
子供に優しいし、
仕事の福利厚生で安くなるし、
モンベル会員の特典あるし(福利厚生とどちらかしか使用できませんが)
料理おいしいし、
自然が近くにあるし、
で結構重宝しています。

さて、リフトに乗ったところから撮った休暇村妙高の外観です。
PC250647

真ん中から左の2階は夕食や朝食の会場。
3階がお風呂になっています。
右側は客室でスキー場を向いている部屋と反対側を向いている部屋があります。
我が家はスキー場を向いている部屋でした。
6時台に起床してカーテンを開けるとスキー場を整備しているのが見られます。
意外と子供達は「おおー!だからあんなに平らなのね。」と感心していました。

食事の写真をちょっと。もちろん季節やプランで料理内容は変わりますが。
PC250649

PC250654

PC250658

PC250660

こちらは粕汁鍋の具材。
PC250659

小学生達の料理。やっぱり刺身はあまり好まないようです、、、。
PC250651

PC250656

幼児の料理はオムライス。
BlogPaint
 
これまでの休暇村同様ミニバイキングがあります。
アイスやデザートなど食べ放題!こどもたちは食べまくりでした。
が、他のミニバイキングはこれまでの休暇村に比べて品数少なめ。
翌朝のバイキングもちょっと品数少ないかなーという印象でした。
季節的なものなのか?
品数少なめ?とはいえ、量的に全部食べられるわけなく
基本的にどれも美味しかったです。
休暇村は郷土料理的なものも出しているのでその辺も楽しいですね。
辛い調味料「かんずり」刺激的でした!

お風呂は温泉ですが、内風呂2つとサウナのみ。水風呂はなし。
内風呂の一つは温泉ではなく、真湯でちょいぬるめ。
肌の弱い人やこども用に。と書いてありました。
スキー場を見ながら入浴できますが、夜は真っ暗なので何も見えません、、、。
洗い場は10個くらいでしたでしょうか。
それでも全然混雑しませんでした。
浴槽もすごく広いわけではないですが
人があまりいないので十分な広さでした。

フロント前のロビーも広くはありません。
でもここで夜に餅つきのふれあいプログラムをやっていました。
こどもたちは保育園でもやっているので興味なし。
ちょろっと見ただけですが、各地で餅つきイベント中止
というニュースがあるなかで貴重なイベント?かもしれません。

特徴的?なのはLPが置いてあることでしょうか。
自由に使って良いようです。
PC250664

広くはないですが、喫茶コーナーのイスと合わせて20人くらいは座ることができそうです。
ロビーで足跡クイズを楽しむ子供達。
大人は雪室コーヒーでゆったり一時です。香ばしくて美味しかったです。
コーヒーは休暇村のアプリ入れると割引券がありました。
BlogPaint

休暇村としては広くない部類に入るのでしょうか
こじんまりとした印象でした。が、客室数がそんなに多くないようで
決して混んでいる感じはなく、ゆったりと過ごすことができました。

最後にトイレですが、客室のは綺麗な洋式ですが、
共同の例えば食事会場近くにあるトイレは洋式もあるのですが和式もあったりします。

さて、付属?情報です。
東京への帰り道。夜になったので高速道路のSAで夕食を取る予定でしたが、
なかなか大きなSAがありません。
東部湯の丸が一番近いと思います。
でもそこを通る時には子供達が爆睡、我が家は横川SAへ。
ここは峠の釜飯が有名です。夕食の時間にはもちろん売り切れで食べられません。
それでもフードコートのメニューも十分に美味しかったです。
ここはエリア内に電車が置かれていてちょっと楽しめたりもします。
BlogPaint

BlogPaint

まあまあ広くて食べ物おいしく、ちょっと楽しみのあるこのSAはオススメです。
あ、でも上りのSAしか入ったことないので下りのはよくわかりません。


お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ

 

家族での初スキー!
新潟県妙高市にあるルンルンスキー場に行きました。
ここは国民休暇村妙高のプライベートゲレンデです。
ですが、一般のお客さんも利用できるようです。
お子様初心者大歓迎!とある通り、
なだらかな初心者コースが1本あるのみののんびりとしたスキー場です。

到着した日は日曜日でしたが、空いていて快適です。

リフト券は宿泊者は大人2000円、こども1500円です。
日帰りだとそれぞれ500円高くなります。
休暇村の宿泊プランにはリフト券、道具レンタル割引券付きなどもありました。
BlogPaint

お姉ちゃんは子供会の合宿で行ったことがあり、ある程度は滑れますが、
小学校1年生と年中さんは初めてのスキー。

親は10年ぶりのスキー場、
それまでやっていたのはスノーボード(しかも上手くない)。
スキーに至っては20年ぶりくらいです。
教えられるわけがない!
スクールに入れたいのですが、ホームページに情報はなし。
電話で問い合わせると隣の関温泉の人を呼ぶしかないとのこと。
ホームページを見るとお子様コースは90分で6000円!
電話で聞いてみるとホームページがなおってなくて、実は7000円!
うーんプライベートレッスンとはいえちょっとなあ、、、。
小1と年中さんの二人を先生一人でお願いできるか交渉して
二人分の料金よりはだいぶお安くしてもらえました。
ただし、少し親の協力は必要になりますが、、、。

ルンルンスキー場のリフトの近くで待っていれば先生が来てくれます。
上から滑ってきました。

さて、準備万端です!
BlogPaint

とっても優しいおじさんが丁寧に教えてくれました。
「くまさん」と呼んで!ってことでこどもたちも馴染みやすかったようです。
BlogPaint

小さい頃はバランスを左右均等に使うためにもスキーの方がいい。
ということもおっしゃっていました。

リフトを使って一人一人上に上がるので、
その間に親がもう一人の子を見ながら歩く練習などをさせたりしました。
BlogPaint

プライベートレッスンなので密度が濃くリフトは一人で降りられるようになりました。
小1のお兄ちゃんはすぐに滑れるようになりました。
年中さんも私が支えながらですが滑ることを楽しめるようになっています。
年中さんももう1回くらいしっかり学べればいい感じになりそうです!

このスキー場のいいところはソリを持ってリフトに乗れること!
スキーに疲れたらソリで楽しく遊べます!
初心者コースなので傾斜もなだらか、ソリが凄く楽しめます。
2日目の後半はスキーにちょっと飽きたようでソリ遊びで大はしゃぎしていました!
また、幼児はリフト無料です。

で、翌日休暇村のエレベーターに張り紙が!
IMG_3102
ホームページには出ない情報みたいですね。
でも誰が対象なのかはわかりません。
初心者であることは間違いなさそうですが。こどももやってくれるのか?
平日はやっていなくて土日とかくらいなんですって。
スノーボードレッスンの受付の人が言っていました。
レッスン希望の場合は事前に電話で確認をした方がいいですね。


昼食はホテルの中に会場があります。
カレーやラーメンなどの定番料理から、
新潟名物?「かんずり」という辛い味噌?を使ったスパゲティまであります。
会場は狭いのですが、客自体が少ないので混雑して待つといったことはなかったです。
でも、土曜日とかはどうなんでしょう。

自然いっぱいの妙高。
リフトに乗るとウサギやタヌキの足跡を見ることができました。
その足跡を見てホテルに戻ってなんの足跡か調べる。
といった遊びもできたのでとても面白かったです。


お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 

 

↑このページのトップヘ