家族でゆるゆるアウトドア!!

家族/こどもとのキャンプやトレッキングなどアウトドア活動の記録。 ゆるーくゆるーく無理せずマイペースでアウトドア活動を楽しみます! 不器用とうさんの奮闘記?

2016年06月

黒坂オートキャンプ場の第2弾です。

第2キャンプ場の水場はこんな感じです。
4つしか蛇口がないのでタイミングによってはちょっと混雑します。
今回は4〜5サイトくらい空きがあったので蛇口が空くのを待つ
というほどのことはなかったですが、いっぱいになったら待ちが出るかもしれません。
P6180294


この水場の左に見えるのはハーブで、ご自由にどうぞとのことでした。
パセリとイタリアンパセリです。
P6180302



第2キャンプ場のトイレです。
向かって右側女性専用2つ(一つは和式、一つは洋式)
向かって左側男女兼用2つ(一つは和式、一つは洋式)
外の一番左に見える囲いの中は男性用の立ち便器です。
大事なところは隠れてますが、ほぼ丸見え、、、。
P6180304
このトイレもスリッパ履き替えで、しかも虫が入らないように全て網戸。
結構きれいでよかったです。


さて、下に見えるのは甲府の街並み
P6180291
P6180292


これが夜になると、、、
P6180443
いやあ、、、本当はもっときれいなんですよ。
私の写真の腕ではこれが精一杯で、、、。
娘は口を押さえて「うわ〜〜〜」と感動していました。
息子はちょっと見たら、「もういいんじゃない?」だって、、、。


車で5分ほどのところには
八代ふるさと公園という公園があり子供達は目一杯楽しみました。
桜の季節にはすごい桜が楽しめるみたいですね。
公園近くにはリニアモーターカーの実験が見られる展望台もありました。
結構急でスリルを楽しめる大型滑り台やローラー滑り台、水遊び場などがあります。
P6180334

BlogPaint

P6180336

たっぷり汗をかいた後は
15分ほど走れば近くには温泉もあります。
今回我が家はみさかの湯に行きました。
こちらはアルカリ単純泉とあります。
おむつの取れていない子、介助の必要な方がいる場合には家族風呂の利用もできるようです。
さらに女性は、毎週月曜日はバラ風呂に入れるようです。

料金は市外の人
大人(中学生以上)720円
小学生      410円です。
公式ホームページから割引券も取れます。
プリントアウトする必要があるので、家で準備してから行きましょう。


そういえば今回は直売所で購入したブルーベリーを使ってジャム作りもしました。
BlogPaint

P6180332

ついでに購入したミニトマトの写真も一枚
P6180314



翌日は山梨市(30分ちょっとで着きます。)
のお友達のところまで行ってさくらんぼ狩りを楽しんできました!
BlogPaint


次回は今回のキャンプで挑戦したちびパン料理について書きたいと思います。
お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ





梅雨の晴れに恵まれて
山梨県笛吹市にある黒坂オートキャンプ場に行ってきました。

ハイシーズンではないためか普段ならチェックイン13時のところ
10時からで良いですよ。とのこと。
9時半前には最寄りのインターチェンジに着いたので
直売所で買い物をすることに。
インター降りてすぐにも
風土記の丘農産物直売所というのがあるのですが、
我が家はキャンプ場近くの
境川農産物直売所へ。

P6180272

9時半前には着きましたが、すごい混雑ぶり!
店内が狭いこともありますが、すごい人です。
レジに10分以上は並びましたね。
いくつかの農産物は売り切れで、残っている物も半分以上は売れている状態でした。
駐車場も狭いです。
風土記の丘も外から見た感じ駐車場から車があふれていましたが、
あちらのほうが駐車場は広かったようです。

さて、この境川農産物直売所の隣には
セルバというスーパーとドラッグストアのセイムス
向かい側にはセブンイレブンがあります。
ここからキャンプ場までは10分程度。


ナビで住所を入れて行ったのですが、
着いたのは管理人さんの自宅。
そこからさらに進むとこっそり?と看板があります。
P6180273


ここを入っていくとすぐ左側に管理棟?があり、そこでチェックインを済ませます。
P6180275
なんとチェックアウトは夕方でいいですよとまで言ってくれました!
が、今回は翌日の午前に用があるので10時撤収なのです。残念、、、。

で、管理棟があるのは第1キャンプ場、
ファミリー向けは第2キャンプ場らしくそちらを案内されました。
管理棟から歩いても5分くらいのところにあります。(もちろん車で移動しましたが)
第2キャンプ場の入り口です。
P6180293

がっつりと林間サイトです。
今回は広いサイトということで7番を選びました。
いやあ、広いです。
手前に見える木辺りからサイトなのですがこの車のさらに後ろにもスペースがあります。
BlogPaint

P6180277

ただ、このサイトの後ろは、
低いですが傾斜になっていて
本当に小さな小川(水深数センチ、幅30センチない)が流れているので
小さな子供は注意が必要だと思います。
P6180278
隣のサイトとは高低差があるのと、少し変形した感じでサイトが区切られているので
お隣が来ても近くにいる感じはせずにプライベート感はバッチリあります。


たくさんの木があって、気持ちの良い空間です。
今回タープは張らずに過ごしました。
P6180322
これはいつの間にか娘が撮っていた写真です。

第1キャンプ場の小川にはサワガニがいるかも!
とのことで行きましたが、残念ながら見つけられず、、、。
第2より随分と広い第1キャンプ場を少し散策しました。
BlogPaint
こういう小川にかかっている橋も子供にはウキウキですね!
しっかりと揺れます!
BlogPaint

第1キャンプ場のトイレは和式のみで第2には様式があります。
下の写真は第1キャンプ場のトイレです。
ここのトイレは入るのにスリッパに履き替えるのと
掃除が結構行き届いているのとで清潔感はありました。
P6180290


ちょっと長くなってきたのと写真が多くなりそうなので
ここで続く、、、。としようと思います。
お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



エリッゼステーク使いました!
山梨にある黒坂オートキャンプ場に行ってきたのですが、そこで使ってきました。

地面は土でいつものプラペグだったり、
スチールペグでもいけそうなのですが、
敢えて使いました!
というか使いたかったのです。

使用感はもちろんバッチリぐいぐい入っていきます。
多少抵抗のある時があっても構わず打つと、どんどん入っていきました。
が、打ったハンマーが悪かったのでしょうか、
それとも塗装されているものの宿命でしょうか、
ハンマーで打たれた部分の色が落ちてしまいました。

P6180282
 
P6180283

P6180285

うちのハンマーは小川キャンパルのアイアンハンマーです。
やっぱりスノピとかの当たる部分が銅とかのやつのほうがいいのかなあ。

今回のサイトは林間でタープを張らなくても快適に過ごせそうなので、
ペグはテントに使用しました。
かなり無駄な使い方だったかもしれませんが、
使いたかったのです。





抵抗のある時に結構強く打って、下手したら曲がったかも、
と思って翌朝抜いてみましたが、びくともしていませんでした。





キャンプ場の様子などは次回紹介したいと思います。
お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

吟味を重ねた結果エリッゼステークを購入しました!
カラーバージョンだけで必要本数揃えるのは
ちと予算オーバーなため色付きは2本
色なしの黒を5本購入しました。
長さは28センチです。
P6150271


ヘッドの近くにはELLISSEの文字が
P6150273



 ヘッドの付け根?には信頼のMADE IN JAPAN
P6150274
 

断面は円ではなく楕円形でゆるい地面でもくるくると回りにくくなっています
P6150281


今週末のキャンプに間に合いました!
早速使いたくてウズウズしてます!





お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ
 


 

この土曜日も先輩たちに来てもらいお庭でBBQをしました!
P6110271

で、いつも活躍しているのが
ユニフレーム(UNIFLAME)の
ファイヤーグリルです。


部品はシンプルに4つに分けられます。
まずは脚の部分
下の画像は脚を開いた状態です。
収納するときはコンパクトになります。
P6120273


開いた脚の上に本体(炉)を。
このとき取っ手が脚の外側に来るように気をつけます。
いつもは以前紹介したロゴスのお掃除楽ちんシートを使用します。
BlogPaint


この本体(炉)は四隅に隙間がありますが
これがこの商品のキモのようですね。
これにより熱による変形を防いだり、
火に空気を取り入れることができます。
ロゴスのお掃除楽ちんシートなどを使うときはこの隙間を塞がないように
切り込みを入れましょう。以前の記事でも紹介しています。
P6120275
 

本体(炉)の上にロストルを敷きます。
ロストルとは炭の下にあることで炭に効率よく空気が入るために必要なものです。
我が家は結構使っているのですごく変形しています。
が、公式ページにもありますが使用に全く問題はありません。
焚き火をするときはこの状態で使用します。
P6120276


で、焼き網を乗せて完成です!
赤い印をつけた隙間から炭の調整が出来るのは重宝します。
BlogPaint


我が家はダッチオーブン(ユニフレームのスーパーディープ12インチ)
を載せるのでヘビーロストルというものを焼き網の代わりに使用しています。
P6120278

P6120279


 これがあれば12インチの思いダッチオーブンも全然平気です。
P6110272
 


では、収納します。
収納にはファイアグリル収納ケースを使用しています。
P6120280



脚を畳むことで全てが本体(炉)の中にすっぽり!
もちろんヘビーロストルも入ります。
P6120282


ですが我が家はさらに、ダッチオーブン用の手袋、
火箸、網を洗い用のブラシもセットにして収納します。
P6120283


余裕です!
P6120284


このファイアグリルはラージ版もあります。



焼ける面積は普通版の約1.6倍!
お値段は約1.7倍ですけどね、、、。
でも、一度に大人数でやるときにはラージがいいかもしれないですし、
ラージならばダッチーブンしながら横でBBQとかもできそうです。
場合によっては2台使う!というのもアリかもしれませんね。
何より元がお安いのと、2台あっても収納するときは重ねられて
しまう時の体積は変わりません。

1台でBBQと焚き火とダッチオーブンと3役こなして、
さらにファイアグリル用の鉄板なども売っていてそれを使えば鉄板焼きも出来ます。


使用から3年以上、回数も100回近く使っていると思いますが
まだまだ全然使っていけそうな耐久力。
結構コストパフォーマンスはいいと思います。


お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村 アウトドアブログ ファミリーキャンプへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ

 



 

↑このページのトップヘ