家族でゆるゆるアウトドア!!

家族/こどもとのキャンプやトレッキングなどアウトドア活動の記録。 ゆるーくゆるーく無理せずマイペースでアウトドア活動を楽しみます! 不器用とうさんの奮闘記?

昨日の12月19日 高尾山 に行ってきました。
ミシュラン三ツ星で超有名!
家族で行くにはもってこい!と言われている山です。
個人的には仕事の関係で3年ほど前に行ったことがあるのですが、 
家族では初めての高尾山です。 

我が家はやはり車で近くまで行って登り始めるのですが、
ネットで見てみると、
高尾山口駅付近の駐車場は土日は直ぐにいっぱいになるとのこと。

手前のJR高尾駅で停めて行くのが良いらしいので、
そのようにしました。
が、
出発が遅く高尾駅に着いたのも11時頃。
駅近くのパーキングは、どこもいっぱいでした。
でも運良く!本当に運良くですが、
駅に一番近い(と思います。駅まで徒歩2分くらい)パーキングが一台だけ空き、
そこに停めることができました。1日1200円です。

さて、そこから電車に乗って高尾山口駅へ。
トイレやなんやで登り始め(ケーブルカー乗り場を出発)
は 11時50分頃 でした。
我が家は今回 6号路 という道を選択しました。
この道はそれなりに山道を楽しめて、
最後の方には小川を飛び石の上を歩いて登っていくことができるので
それなりに体力のある3歳児がいる我が家にはちょうど良いかなと思い、
選びました。
ただ、谷になっているところを歩くので
歩きながら展望を!というのには向いていないですね。

高尾山はたくさんのコースがあるので、
ホームページなどでチェックして
それぞれのご家族に適したコースを選んで行くと良いと思います。
BlogPaint
ケーブルカー乗り場の横をすり抜けていきます。


IMG_2168
少しの間舗装された道を行きます。


IMG_2169
右手には登っていくケーブルカーを見る事ができます。



ここを左に入れば山道に入ることができます。
IMG_2171
スニーカーでもまあ登ることができる程度の道です。
が、ぬかるんでる所や滑りやすい所もあるので、
できればトレッキングシューズを履いた方が
安全に登ることはできると思います。


12時15分琵琶滝という所に到着です。
ここでは滝修行をしている人もいるようで、
今日は実際にしている人がいました。 
IMG_2172
奥に見える小さなのが多分そうです。あの下で滝に打たれているみたいです。
修行している人の撮影は禁止されていますし、
登山道から見ることもできないように、目隠しされています。


このコースでは、初めの頃
所々にベンチのある休憩所があります。
我が家は13時に大山橋という所で、座って休憩です。
IMG_2173
それまでにも、チョコを一口食べたり、
ちょっとお茶を飲んだりの息抜きはしています。


こうやって要所要所に看板があって、どんな動物がいるよーとか、
どんな植物があるよーとか
どの辺りまで登っているよー。
と教えてくれるのも、子連れには勉強にもなるし、安心材料にもなりますね。
IMG_2174


さて、終盤の盛り上がりどころです。
写真は登った後を撮ったもので、わかりにくいですが、
水の流れている所を飛び石で登っていきます。
三歳児は手を引けばなんとか、
年長さんは時々手を貸す程度で登ることができました!
2年生女子は「楽しー!!」だそうです。
IMG_2176
 この飛び石のルートに入る手前で5号路と別れる道があります。
そちらを行けば水を気にせずに
自然を楽しみながら山頂まで行けるみたいです。
娘が年長さんの時はそのルートで登ったみたいです。

そして最後は長い階段、、、。
IMG_2177
 登りきったら本当に後少しで山頂です!!

山頂には13時55分に着きました。
のんびり休憩しながら
3歳児を連れて約2時間で着きますね。
IMG_2178
 

この日からしばらくは、夕日が富士山の山頂に沈んでいく
ダイヤモンド富士というものが見られる時期だそうで。
山頂付近の富士山が見えるスポットはたくさんの人が
カメラを持って待ち構えていました。


でもでもまずは遅めの昼食を。
バーナーを使って山頂ラーメンです。
時間が遅いこともあって、テーブル付きのベンチで食べることができました。
IMG_2180
我が家の山ラーメンについてはまた今度紹介したいと思います。
我が家なりの工夫を伝えられたら、、、。
といいつつも他のブログとかを見て参考にしてるんですが、、、。 


下りは1号路で帰ってきました。
こんど時間があったら4号路とか5号路で降りてきたいです。
リフトで景色を楽しもうと思いましたが、
31日まで点検で20日から23日を除いて営業をしていないそうです。
リフト乗りたい方は気をつけてください。 

IMG_2192
 薬王院の写真も一応、、、。
こんど行く時は多分通らないと思うので。



 

人気ブログランキングへ

衝動買いで買ったものの最後です。
コールマン アウトドアワゴン 
BlogPaint
畳まれた状態です。カバーはかぶせるだけでなく下のところでベルクロで止められています。
この画像ではベルクロを外しています。



我が家はよくキャンプに行くのですが、
車からテントを張ったりする場所が離れているところで
キャンプをしたりすることがあります。
そんなときに楽に荷物を運びたい!
と思っていました。

そこでアウトドアワゴン!
100キロまで載せられます。
ドッペルギャンガー 
でも出していますが
我が家はコールマンにしました。
というのも、若干(1.5キロくらい)こちらの方が軽い
頑丈という評価が多い 
ということと、我が家にはドッペルギャンガーの品が一つもないので
可愛い色を出しているブランドとは知りつつも手を出せない。という
理由ですね。

コールマンの方にはフック付きのラバーバンドが付いていますが
ドッペルギャンガーの方にはカバーが付いているので
雨のときはカバー付きの方が良いですね。
まあ、ラバーバンドでもその下にレジャーシートでもかければ
多少の雨はなんとでもなりますが。

あと、ドッペルギャンガーのいいところはタイヤの交換ができることみたいです。
ウォッシャブルタイプもあるので、水遊びのときにはいいかもしれませんね。



で、ここから我が家のコールマン製品の紹介?
です。

カバーを外してパッと開いて
カバーに入っている底に敷く集めの板を敷いておしまいです。
1分もかからずに準備完了です。
IMG_2164



畳むときは底の板を取ったあとに
まん中にあるリングに指を通して引き上げればすぐにたためます。
そのあとベルクロで本体を止めて
カバーをかけてベルクロで止めて板を入れる、、、。
とここまででも2分はかからなかったです。
早くキャンプで使いたい!!
IMG_2165

人気商品のためネットでは定価より高いところもあるみたいです。
公式サイトの定価12,960円(税込)  2015年12月16日現在。

お読みいただきありがとうございました。




にほんブログ村 アウトドアブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ



昨日書きました衝動買いの続きです。
今日は
コールマン ホットサンドイッチクッカーです。

昨日はホットサンドメーカーと書いてましたね。
正しくはホットサンドイッチクッカーみたいです。


これ人気の商品みたいで入荷するとすぐに売れてしまうみたいですね。
我が家も欲しかったのをやっと手に入れました。
IMG_2160
収納する時のバラした感じを一枚載せときます。

さて、他のメーカーからも色々とホットサンドイッチクッカーは
たくさん出ているのに
なぜコールマンのにしたかというとですね。

まず一つ、
パンの耳を切らずにそのまま使うことができる。
中にはパンの耳を切らないと
耳の部分がはみ出ちゃうやつもあるので
注意が必要ですよ。

次に
下の画像を見てもらえればわかると思うのですが、
これは作ると真ん中で二つに分かれます。
IMG_2161

我が家は最低でも5人で行きます。
これならこの真ん中の線で切れば一度に二人分ができるのです!
真ん中で切れないやつもあるのですが、
それだと包丁などで切った時に
中身が出てしまうんですよね。
なので我が家はこのように真ん中で切れるのは結構大きなポイントです。
(でも、嫁は本当はカツオドリのマークのメーカーのも惹かれた、、、。可愛いからねえ。)


で、3つ目のポイントは
お友達が持っているメーカーとかぶらない。
ということ。お友達は LOGOS(ロゴス)のを持っていて。
こちらはホットサンドパンと、いうそうです。
こちらは真ん中が斜めではなく、横に切れるようになっています。






それとはかぶらないように。と思ったのです。
だって、並んだ時にいろんなのあると
賑やかな感じがするかなーって思って。
使った感じの感想は我が家のキャンプシーズンに入ったら報告できたらと思います。




お読みいただきありがとうございました。





人気ブログランキングへ

↑このページのトップヘ