家族でゆるゆるアウトドア!!

家族/こどもとのキャンプやトレッキングなどアウトドア活動の記録。 ゆるーくゆるーく無理せずマイペースでアウトドア活動を楽しみます! 不器用とうさんの奮闘記?

3月14日15日に横浜で予定されていた
モンベルクラブフレンドフェア
中止になってしまいましたね。
半期に一度のお楽しみイベントだっただけにとても残念です。
新型コロナウィルスの影響のようですが、
相当な大ごとになっていますね。
大阪のイベントはまだ中止の判断は出ていないようですが、
このままいくと同じように中止になりそう、、、。
秋のフレンドフェアを期待して気長に待っています。

お読みいただきありがとうございました。
PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング




 

暖冬と言われておりますが、やっぱり寒い冬の日々。
暖かいと思ったら急に寒くなったりと体調管理も難しい今日この頃です。
今回はお得に購入したミズノのブレスサーモについて書いてみます。

気にはなってたブレスサーモ 福袋で購入
このお正月に偶然見つけた福袋でブレスサーモが入っているのがありました。
女性物しかなかったので妻のみ購入。
暖かいと聞いていたし、実際に以前店頭でデモをしたのを見て気にはなっていました。
ブレスサーモの生地にシュシュっと霧吹きをして、
モミモミしていたら生地が熱を発してきて、むしろ暑くなってくるくらい。
そんな体験をしたので、気にはなっていたもののちょっとお値段にビビっていた、、。
それが福袋で6点入っていて1万円と超お得でした。
もちろん型落ちなんでしょうけど、
それでもかなりお得でした。

入っていたのは以下のもの。
手袋
IMG_7012_1

タイツ(足先まであるやつ、お腹までカバー)
IMG_7011_1

ハイネックのシャツ
IMG_7010_1

靴下
IMG_7009_1

腹巻き
IMG_7008_1

キルトジャケット
IMG_7007_1

妻の感想は最高!でも、、、
妻の感想はもう最高!の一言だそうです。
いやこれきてまだアウトドアアクティビティはしていないんです。
きて出かけているのは子供のサッカーの付き添い。
じっと座って見てなければならない時に、
厚手の靴下やお腹までカバーするタイツ、
ハイネックシャツのおかげで寒さ知らず!と豪語していました。

でも、でもですよ。じっとしている時にも寒さ知らず。
てことはむしろアウトドアアクティビティの時には暑くなりすぎちゃうんじゃ?
ていう疑問も湧いてくるわけです。それで汗かいて汗冷えしたら元も子もないんじゃない?
という心配もでてくるわけです。
まあ、一応汗冷えしにくいような工夫も凝らされていますが。

ブレスサーモはラインナップが豊富
ミズノ(MIZUNO)のホームページを見るとブレスサーモにページがあります。
そこを見ると色々な種類のブレスサーモがあるのがわかります。
厚手から中厚手、薄手。アパレルや、帽子や手袋、サポーターまであります。
自分の目的にあった、暖かい衣類を選ぶことができそうです。
体からでる汗の水分を吸収して発熱したり、
着心地を追求したり、ニオイを抑えたりといろんなテクノロジーのことは
公式ページをみるとよくわかると思います。
この時期はもう結構アウトレットも出ているので、探してみると掘り出し物も見つかるかもしれません。





寒い時期ですが、暖か衣類で楽しいアクティビティを!
あと、子供の習い事の付き添いも少しでも快適に、、、。
お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログ 子供と外遊びへ
にほんブログ村

人気ブログランキング




 

年末に登った山のことを書きます。
行ったのは埼玉にある棒ノ折山。
ここを選んだ理由は
「山さんぽ&ハイキング」という雑誌に載っていたから。
というのと「さわらびの湯」という温泉が最後に待っているから。
雑誌には難易度3段階中2となっていたけど、
そもそも雑誌が山さんぽってなってるから、そんなに難しくないだろう。
ということで選びました。

登った感想
子供といった感想です。結論から言うと、ちびっこは難しいです。
小学校1年生以上が望ましいです。
それも登り慣れている子であればとの条件付きです。
沢登りがあったり、手を使って登るところがあったりで楽しいと言えば
楽しいのですが、慣れていないと危険と感じるところもあります。
親が慣れていて、子もある程度慣れているのであればとても楽しめる山だと思います。

ルート
今回登ったルートはさわらびの湯近くに車を止めてそこからスタートするルートです。
雑誌にもそのようなルートが紹介されています。
登り始めはしばらく(30分ほど)舗装路です。
IMG_6967

車も通るので気をつけて歩きましょう。
ダムの横を歩いていきます。
IMG_6969

30分ほどで登山道につきます。
ここで登山届けを出すことができます。
IMG_6970

登山道の様子はこんな感じ。
IMG_6972

多少危険を感じるところもあるので、歩くのは十分注意しましょう。
IMG_6975

途中では滝を見ることもできます。
3つくらいあるのでそれを見るのも楽しいですね。
IMG_6977

沢歩きは楽しいですが、落ちると冷たいし寒いしで結構つらいですよ。
なので靴は防水性のあるGore-Texとかの方が安心です。
でもこの下の画像のようなところは序の口も序の口。
IMG_6981

わかりにくいかもしれませんが、こんなところも登っていきます。
見難いと思いますが、ここも一応沢が流れてます。
慣れないとうまく上れなかったりあまりに小さい子だとうまく上れないかもしれません。
親がもちろん手助けしますが、親も慣れてないとちゃんと手助けできないので
そう言う意味でも少し慣れてきている親子向けの山だと思います。
IMG_6988

沢登りが終わればあとは普通の山ですね。
岩茸石のところを右に行くと棒ノ折山山頂にいきます。
IMG_6990

これが岩茸石です。この先に進むと下山方面になりますが、
ぱっとみ進む先がわかりません。
実は岩の向かって左側に抜ける狭い道があります。
IMG_6991

まあ下山の話はさておき。
山頂に向けては階段もあったりしますが、
驚きは雪があったこと。
IMG_6992

登山道にはありませんでしたが、雪が少し降って溶け残っている。
といった感じでした。
それより何より霜が降りたあとのぬかるみで靴がドロドロ、、、。
山頂は一面がぬかるみだらけなので、敷物を敷いて食べる。
というのは難しいですね。いくつかベンチがあるのでそこを使ったり、
東屋のところで食べたりするしかなかったです。
IMG_6993

山頂に着いたのは登り始めてから約3時間後。
今回久々だったのでお昼ご飯は簡単にラーメン。
寒い時期の山頂ラーメンは格別です。
IMG_6995

帰りは林道を何度か横断する必要があるので道に出るときは注意しましょう。
とはいえ、私たちは一度も車とは遭遇しませんでしたが。
IMG_7001

帰りの難所?はこの木の根が露出しているところでしょうか。
ぬかるみを歩いた靴底は滑りやすいので、注意が必要です。
IMG_7002

下山は約2時間くらいでできます。
さわらびの湯でさっと汗を流せますが、
閉館時間が18時と早いのであまりのんびりとはできませんでした。
とはいえ1時間以上は入れましたが。
登り納めに初めての山ということで、ちょっと緊張感がありましたが、
とてもスリリングで楽しい山でした。
ぬかるみが残念でしたが、いい季節ならとても楽しい山だと思います。

お読みいただきありがとうございました。
にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ
にほんブログ村

人気ブログランキング





 

↑このページのトップヘ